●相互リンク募集中●

2006年09月06日

数的処理

※超長文となっております。取扱いにはご注意ください。


数処は捨てれないんだ!

一般知能の中でもウェートが高い数処。しかもこれがない試験種はない。
逃れられない科目なのね、と腹を括って私が取りかかったのは9月です。


私が使った問題集は以下3冊。

4844901974畑中敦子の数的推理の大革命!
畑中 敦子 東京リーガルマインドLEC総合研究所公務員試験部
東京リーガルマインド 2002-01

by G-Tools


4844901982畑中敦子の判断推理の新兵器!
畑中 敦子 東京リーガルマインドLEC総合研究所公務員試験部
東京リーガルマインド 2003-04

by G-Tools


4788939746公務員試験 新スーパー過去問ゼミ2 文章理解・資料解釈
資格試験研究会
実務教育出版 2006-02

by G-Tools


です。
問題集はこれが最高!ということではなく、私はこれが気に入ったというものです。
本屋さんでパラパラっと見て、これがよさそうと思うものを選ぶのが良いと思います。
人それぞれ好みがありますし、合う合わないは本人が一番よくわかるものです。


ちなみに、資料解釈は畑中でないの?と思う方もいるかもしれません。

実は、『畑中敦子の資料解釈の最前線!』をまず買ったのですが、
思うように点数が伸びず、年末に買い直してやりました。
私には、畑中の資料解釈は説明が詳しすぎて頭を使わないので、力にならなったのです。その点、スー過去の方が合っていたようです。

やってるのに点数が伸びないという人、思い切って問題集を変えるのもひとつの方法ですよー。


具体的な方法

数的・判断はそれぞれ59・60項目あるので、1日2項目ずつと決めてやりました。これを毎日やれば1ケ月で終わる計算です。
私は、出来ない日や休みの日を作っていたので、1ケ月半かけてやり終えました。
1項目は基本問題と演習からなっており、基本問題だけは前日・前々日の分も復習がてら解いていました。
なので、1ケ月半で基本問題3回、演習1回やったことになります。


私は、取りたい講義の関係で数処の講義は完全に受けることが出来ませんでしたが、以上をやった上で演習の授業にいきなり出ても、違和感なく参加できました。
講師の言う年内での合格点7/15もクリアできました。
そのため、年内は畑中を一通りやったあと、予備校の演習を受けたのみです。
年明けから、演習の復習、模試の復習、畑中の解き直しを時間で割ってやりました。


ただ2・3月の模試ラッシュを向かえて、初見の問題を持て余すようになりました。
すなわち「時間をかければ解ける」問題が多く出て来たのです。
これは「時間をかけなければ解けない」問題であり、
時間制限の厳しい試験では点数にならない問題です。
もっと言えば時間だけ食う問題と言えます。

そこで初見の問題に慣れるために、予備校の問題集を初めて開きました。
(別に問題集は何でもよかったので、一番手近なものにしました)
直前期は、この問題集を問題数と時間を決めて、解いていました。



資料解釈はとても苦手で、年内に畑中を2回やりましたが成果が出ず、講師の所へ相談に行きました。
そこでのアドバイスが、

1)まず時間を決めて解く。
2)時間に関係なく解き直してみる。
3)解説を読む。

これを繰り返すように、とのことでした。

要は、納得するまで問題に向き合え ということなのだと思います。

この時、問題集をスー過去に変えました。というのも畑中は問題を覚えてしまっていたので。
これを1ケ月ほどやっていると、やっと点数が取れるようになりました。
自分でも模試で落ち着いて問題に取り組めていることが分かりました。


最終的に、資料解釈は

時間はかかる、が確実に点の取れる科目

になりました。


私にあったのは、
絶対手放さない
という意地だけでしたが、これが良い方に転んだ一例です。つづき
posted by うしろまえ at 14:29| Comment(4) | TrackBack(1) | 試験対策>専門科目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。