●相互リンク募集中●

2006年09月09日

数処について具体的に

数的処理は暗記科目♪

数処が苦手という人は多いと思います。
公務員試験受験者の多くが文系型であることが根拠のひとつです。
しかし
一方で、数処は数学ではない!解法の暗記だ!という人もいます。
私が読んだ勉強法の本がそうでした。

個人的にはこの意見に賛成です。
基本的に解法パターンの暗記科目
として取り組むのが最も効率的だと思います。
ただし数処の暗記は教養の人文科学のそれとは多少勝手が違います。
以下、
友人の例を踏まえて、具体的にどう解いていたか、振り返りたいと思います。

※超長文になっております。つづきは覚悟を決めてから!続きを読む
posted by うしろまえ at 11:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 試験対策>教養科目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。