●相互リンク募集中●

2006年09月02日

スケジュールを立てる

私が公務員試験を受ける決意をしてから
昨日でちょうど一年になります。
昨年の手帳を引っ張り出してみると
実際に問題集やら参考書を買って机に向かったのが9/5、
予備校の初授業が9/16からだったみたいです。

懐かしい…

9/14の余白には

■食べ過ぎない!(眠くなるから)
■眠る時は目覚ましをかける!(えんえんと寝てしまうから)

というメモ書きが。しかも楷書で。
ニートの最初の壁ですねぇ…振り返ると笑えますが
当時は真剣に書いてました。だから余計に笑えます。前置きが長くなりました(^^;
去年の今頃、自分が何をしていたかを書いてみたいと思います。

(1)まず私がしたのは、試験までの概略を掴むことでした。

具体的に、年内/年明け/直前と大雑把に分けて
そこで何をするか、概略を作りました。
------------------------------------------------------
直前:過去問、模試、時事、
年内:ミクロ、マクロ、憲法、民法、行政法、数処 を一通り終える。
年明:英語、一般知識、その他の専門科目
------------------------------------------------------
こんな感じです。
ポイントは直前から逆算して考えたところでしょうか。(アレ、当然? ……)


(2)これをした上で年内のスケジュールを立てました。

9〜12月の四ケ月で、上記6科目をこなすには…
と一日の問題数を割り出し、自分のノルマにしました。
年内は、

勉強時間数ではなくて、解いた問題数

で測ってました。
もちろん布団から急に机に移動しても、長時間は続かないので
休み休みしながらですよー。
当然(?)毎日、手の回らなかったものが出てきましたが、
週一日、休みの日を作ってまとめてやってました。
もし毎日のノルマがきちんとこなせていれば休める!
ために作ってたんですが、まるっと1日休めたことはなかった…


勉強する前段階として参考にした本があります。


「合格への道」研究会『公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法』(洋泉舎)


本屋で全て立ち読みした後、買いました(意味無いですよね…)
一年目の人にはお勧めです☆
私もそうだったんですが、初めは「どんな科目があるの?」という状態からだと思うので
その点で、この参考書はこれから自分が何をやらなきゃいけないかが分かっていいと思います。
posted by うしろまえ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験対策>勉強する前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24442613

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。