●相互リンク募集中●

2006年09月11日

先生へ結果報告

お世話になった予備校の先生へ結果報告に行きました。
私の住んでいた区と先生の住んでいる区が近く、
地元ネタで盛り上がってきました。
結果報告というより世間話です(笑)

私は先生の人柄がとても好きだったので
「(決まって)よかったねぇ」という言葉に、
密かに感動してしまいました。
予備校の講師は、
試験に合格させるための知識やノウハウを教えるのが仕事です。
試験は毎年あって、年度毎に数多くの受験生を送りだします。

でも、受験生にとっては一生に一度の大勝負です。
勝負にのぞむ時、受験生である私たちは
ものずごいエネルギーを使います。
モチべーションが高ければ高いほど、真剣であればあるほど、
莫大なエネルギーを注ぎます。

そんな受験生ひとり1人に親身になれる、
これはひとつの才能ですね。

なぜなら
親身になるためには相応のエネルギーを要するからです。
「自分の一生がかかってるんです!」という態度の人を相手にする
のは並み大抵じゃないと、個人的に思います。
友達の相談事が深刻であればあるほど、
こっちも覚悟を決めて受けなければならないのと同じ。
テキトーに聞いてると相手にも伝わるから不思議です。
その意味で、私は先生の姿勢が好きでした。

もちろん学校の教師とは生徒との関係が違うので
親身になるといっても、一側面的ではあるわけですが。

でも予備校(大学受験なども含め)の「先生と生徒」の関係は
学校とはまた違った濃密さがあるんですよね。
特定の目標を共有する親密さ。
あくまで「先生と生徒」ではありますが、そこにしかないものがあります。


思えば「受験」って
やや特殊な状況で、ちょっとハイにもなって、お祭りみたいだな
と感じます。大学受験なんて本当にお祭りだったよな。
自分が針みたいに集中していく瞬間は、なかなか味わえないです(私は)。
それは病み付きになる味ではないですが、
忘れられない味でした。
posted by うしろまえ at 19:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記>試験後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく良い話ですね。伝わってきました。

私も初めて受験する時は予備校に通っていました。でも、私は先生とあまり接しませんでした。今思えば凄くもったいない事したと思います。

確かに何かに集中する時は限られてる事が多いかもしれませんね。「病み付きになる味ではないですが、忘れられない味でした」ここは凄く好きです。自分の趣味は好きだから病み付きになりますが、公務員試験は何か違う感じですね。この「忘れられない味」という表現最高です。私には思いつきませんよ。
Posted by 麦わら和樹 at 2006年09月11日 22:06
僕も先日予備校に結果報告に行ってきましたよー。
良い報告が出来なかったのが残念でしたが、「何かあったらまた気軽に来て」と言ってもらえたのがうれしかったですね。

担任の先生にはいろいろとお世話になったので、感謝してもしきれません。
特別区の教養論文を予想して模範解答を作ってくれたんですが、2つとも見事に当たりまして大助かりでした(笑)
普通の学校とはちょっと違う特殊な関係でしたが、うしろまえさんのおっしゃる通り親密さ、僕もすごく感じました。
何とか来年こそはこの恩に答えたいものです。

数的のお話しの続編、大変参考になりましたよ!僕も手順を覚えることに精一杯で、構造の理解が疎かになってしまっていたと思います。判断にも言えることだと思うので、今年はこのあたりを意識してやって行く所存です!

S野先生のレジュメ、良いですよねー!
僕の入学した月は、A垣先生とS野先生が交互みたいな感じだったんですが、S野先生のわかりやすさはピカイチでした。ただ数回分しか持っていないので、今度TAC行く用事があるので、いただいて来ようと思いますよ!
ちなみに判断以降はI藤先生でしたが、こちらもかなり分かりやすい感じでした。TACは先生のハズレが少ないのが良いですよね。
Posted by 098 at 2006年09月11日 23:27
>麦わら和樹さん

「>伝わってきました」というコメント、とても嬉しいです。
ブログ書いてて良かったなぁ、と思いました。

講師と接する機会って、実はなかなかないんですよね。
私も専門記述でお世話にならなければ、質問しやすい先生くらいで終わっていたかもしれません。

麦わら和樹さんはダンスをされてるんですよね?
写真を拝見した所、ストリートダンスかな?と思ったのですが、やはり「観せる」「観られる」緊張感というのは病み付きなりますよね。
実は私は大学で演劇の照明スタッフをやっていまして、モダンダンス(かなりジャスでしたが)の照明もやったことがあります。
本番の緊張感は本当にたまらない!
私はいまだその病にかかっています(笑)
それに比べれば
公務員試験の緊張感は全く別物ですよね。
もう一度どう?と誘われたら、辞退したいですね、私は(^^;
ただ、とても貴重な経験だったと思っています。
Posted by うしろまえ at 2006年09月12日 09:46
>098さん
教養論文の模範解答まで作って下さったんですか!
それは羨ましいですね〜。いいな〜(笑)
とはいえ私も教養論文をみてもらったり、面接の質問集を翌日までに作って頂いたり(これは私が頼むのが遅かったせいなんですが…)してました。本当に感謝ですよね。
来年098さんが良い報告を持って行った時の
先生の満足げな顔が楽しみですね。

数的の話、お役に立てたら幸いです。
正直、削除しようか迷ってたんですが、このまま載せることにします。
一例として、数的を取り上げましたが、数処全般に言えることだと思います。
私も判断の表の書き方、「偶然上手くかけていた」だけなのに「解ける」と思い込んでいて、直前に慌てたんですよ(>_<)
だからはじめから、そこを意識するとマスターするのが早いと思ったんです。


S野先生の所にもし行かれるのであれば、苦手な問題(解けなかったもの)を持参して行くと、アドバイスがもらえますよ(^^)
数的処理の記事で書いた資料解釈のアドバイス、s野先生から頂きました。
解けなかった問題持っていくと、自分の理解度に合わせたアドバイスをしてくれるんです。
かなりお勧めです☆
Posted by うしろまえ at 2006年09月12日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24442621

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。