●相互リンク募集中●

2006年12月08日

人文科学

そろそろ来年の手帳を買わねば! というわけで
今年の手帳をぺらぺら見直しています。

昨年の、ちょうど今の時期
予備校の人文科学の講義が始まって
私もそれを受けていました。

ちなみに12月は講義ラッシュで
週5日8コマ受けていて、よれよれしていました(−_−)
あの時の人文の講義をビデオと割り切って後回しにすれば
あんなによれ〜としなくて済んだのに…


以下、始めた時期と使った問題集について書きたいと思います。

ちなみに私は思想/文芸を科目切りしていました。
ですので、歴史/地理の話です。


始めた時期

私の場合、12月から講義を受けましたが、
自分で問題集に取り組んだのは2月末。
12月は専門を一通り終えるのに精一杯で復習できず、
2月末に問題に当たった時にはすっかり頭から抜けてしまいました。

振り返って、
少量でもいいからコンスタントに復習できないのであれば
この時期、人文などの暗記系科目をやるのは非効率だったなと思います。


歴史や地理が得意な人・好きな人は覚えていられるのかもしれません。
(そもそも得意・好きな人は既存の知識が多いから
覚えるというより、範囲を確かめる感じなのかもしれないですね)
しかし
私は歴史/地理が 嫌い なんです。
同類の方、気をつけて下さい!時間、MOTTAINAI!



問題集

基本的に、予備校の問題集と市販の過去問題集、模試を使いました。
他に、地理は地図帳を使いました。

公務員試験過去問題集 過去問DASH!人文科学〈1〉世界史・日本史
公務員試験過去問題集 過去問DASH!人文科学〈1〉世界史・日本史

公務員試験過去問題集 過去問DASH!人文科学〈2〉地理・思想・文芸
公務員試験過去問題集 過去問DASH!人文科学〈2〉地理・思想・文芸


市販の問題集でDASH!を選んだのは、解説が長いからです。
不得意な科目だったので、流れを頭に入れるため
詳しい解説のものを選んだつもりです。
実際使ってみて、丁寧で分かりやすい解説だったと思います。
他と比較はしていないので、個人的な絶対評価ですが。

問題に当たった回数は、3月から初めて
地理は1〜2回、
歴史は、問題によりますが、多くても4回くらいです。
地理は地図帳に、世界史は高校の資料集巻末の年代記に書き込んで
情報を一元化しました。世界史はこれがとても役立ちました。
ヨーロッパで○○○が起った時、アジアやイスラムはどうだったのか
視覚的に分かる所が、自分に合っていました。
一方、地図帳はちょっと失敗でした。
カラーだったので書き込むと見づらくなってしまい、
輸出入の表を貼るスペースもなく、
結局ルーズリーフにまとめ直した箇所が出ました。
地理もコピーしてから書き込めば使いやすかったかもしれません。
裏も余白としてコピペしたりメモったりできますし。



思想/文芸

最後に思想/文芸についても触れたいと思います。
得意な人はスルーして下さい。


私見ですが、思想/文芸は余裕のある人が手を出す科目だと思います。

これは意見が分かれる所かもしれませんが、私はそう思います。
というのも思想/文芸は出されるが、出ても1問。合わせても2問です。
歴史/地理は得意でその時間を充てられるならよいと思いますが
そうでないなら、出題数の多い科目をやるべきだと思います。
この理由で、私は人文科学は歴史/地理に絞りました。

しかも、
作品名・作者・〜派といった基礎知識を問うものは
少ないように感じました。(特別区は例外として)
というのも思想/文芸は好きな分野だったので既存の知識で解けたんです。
なので受験先によっては、作品の写真と作者を結びつける問題や
小説の内容はいつの時代を背景に書かれたかを問うものが
今年度の本試験で出ましたが解けました。
しかし、逆にこれが興味のない分野だったなら…と考えると
人名と用語を覚えただけでは解けない科目ですから
時間対費用効果が低いと思うのです。

とはいえ、1点が合否を決める試験。
科目切りはするなとよく言われました。
ですので、もしやるのであれば
国語便覧や資料集を併用するのもいいかもしれないです。
【関連する記事】
posted by うしろまえ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 試験対策>教養科目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29194373

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。